CD

ROSCO

ぶらあぼ 2020年1月号 New Release Selection

 アイヴズをどこか座りが悪い作曲家と捉えている人は、このディスクを手にするといい。その音楽思考のエッセンスが表れているから。旋律線はシンプルで、素朴な節回しやジャジーなリズムも登場するが、音楽は全体としてとにかく過剰。同時代の欧州の民族音楽ブームとも無調音楽とも異質な、クールで熱いモダニズムが20世紀初頭のアメリカで芽吹いていたことにわくわくする。特定の様式感では捉えがたいこの音楽に、ROSCOの二人は自然体でアプローチし、すっきりと聴かせてくれる。この時代のアメリカの社会・経済・文化状況に作曲家を位置付けたブックレット解説もまた過剰だが、勉強になる。(江藤光紀)

 

2019/12/20 朝日新聞

アイヴズがみせる「多様性の宇宙」

 20世紀初頭のニューヨーク。ひとりの宇宙からの来訪者が地球人に身をやつし生活していた。彼は保険業を営む傍ら、「趣味」で音楽を書いた。地球上の音楽素材を、彼の故郷たる遠い惑星の音楽理論と、融合させたのだ―――。こんな空想が浮かぶほど、チャールズ・アイヴズ(1874~1954)の音楽は隔絶している。シューンベルクらが調性の枠と苦闘していた時代、アイヴズは枠など最初からないかの如く伸び伸びと実験を行った。無調、多調性、微分音、ポリリズム、偶然性・・・・・・。

 それが明るく力強いのは、膨大な引用のせいもある。アイヴズの音楽には、讃美歌を中心に、流行歌や民謡、軍楽など無数の引用がなされる。聞き覚えのある旋律が想像を超える手法で組み合わされ明滅し、開拓精神と多様性の国・アメリカの理想像が浮かび上がるのだ。

アイヴズの普及者の一人ティルソン・トーマスがサンフランシスコ響を率い、代表作の交響曲第3番と第4番を再録音(SFSmedia 821936-0076-2、輸入盤)。明晰で練れた演奏に加え、引用元の讃美歌も収録し、複雑な構造が鮮やかに解析される。現代作品を中心に越境的な演奏活動を行う日本のデュオ「ROSCO」による、バイオリンソナタ全4曲の説得力豊かな録音も登場した(ALM)。世界が単一の価値観に偏りがちな今こそ、その「多様性の宇宙」に耳を傾けたい。(矢)

 片山杜秀、金澤正剛、諸石幸生、矢澤孝樹の4氏が合議で選びました。

 

レコード芸術 2020年1月号 新譜月評

 大木正純 Masazumi Oki

 チャールズ・アイヴズの4曲のヴァイオリン・ソナタは、30歳代の半ばから40代の初めにかけての一時期に、ほぼ連続的に完成されている。それらは若いころに書きためであったスケッチをあれこれやくりしながらできあがっていったもののようだ。あまり強い計画性はなく、内容には気まぐれをところがある。それに彼は、何しろ調整音楽の大気圏から積極的に飛び出していった人だけに、そもそも音楽はとっつきにくい。恐ろしくとっつきにくい。かつてヒラリー・ハーンも、4曲を収めたアルバムをリリースした。さすがにきわめてすぐれた演奏を聞かせているが、おそらくそれをもってしても、聞き手の心をしっかり掴むには至らをかったのではないかと、私は勝手に想像している。

 中村孝義 Takayoshi Nakamura

 [推薦] 今アメリカではアイヴズが静かをブームなのだそうだ。わが国ではその名が知られている割には今なおアイヴズの作品が演奏される機会はほとんど皆無に近いが'2018年度にはNHK交響楽団でもアイヴズの交響曲第2番が久しぶりに取り上げられているので、アメリカでのブームがわが国にも飛び火しているのかもしれない。このアルバムには、そのアイヴズのヴァイオリンとピアノのためのソナタが4曲収められている。

これらの作品には、多調性、無調性、複雑な複合リズム、トーン・クラスター、拍節ごとの転調など、今なお一般の音楽愛好家の耳には決してやさしくない複雑な現代技法が様々に使われており、ちょっと耳にしただけでは容易に理解しにくい音楽といっても間違いではない。これらの作品が日本人の演奏家の手によって録音されたのは、おそらく今回が初めてではないだろうか。しかし一聴して分かるように、演奏にたどたどしさは皆無で、この難解ともいえる音楽が実にこなれたものとして素直に耳に飛び込んでくるのには驚いた。それもそのはずで、ヴァイオリンの甲斐史子とピアノの大須賀かおりによって結成されたデュオ・アンサンブルであるROSCOにはすでに20年弱もの歴史があるのだ。その間に現代音楽演奏コンクールで優勝したり朝日現代音楽賞を受賞したりしている、いわば現代音楽演奏のスペシャリストによる演奏。アイヴズを知りたいと思っている人には格好のアルバムでライナー・ノーツも充実している。

 

 石田善之 Yoshiyuki Ishida

 [録音評] ヴァイオリンが前、ピアノはやや後ろに広がるというしっかりとした音像感ながら窮屈さを感じさせない自然な音場惑。多すぎず少なすぎずのホール・トーンの、2019年5月に三鷹市芸術文化センターでのセッション収録。ふたつの楽器がひとつの空間を自然に共有しヴァイオリンの応答感は心地よさにつながり快適で、その音色や演奏技法も十分に感じさせる。

 

音楽の友 2020年1月号

 久々にお目にかかるアイヴズ「ヴァイオリン・ソナタ全集」(第1~4番)「Ko-ALCD7248」。演奏は2001年から「ROSCO」として活動を続ける甲斐史子(vn)と大須賀かおり(p)。この楽曲の録音は、ヒラリー・ハーンやラファエル・ドルイアンによるものなど、僅かしかない。演奏は潤いを湛えた抒情と先鋭的なベクトルとが巧みに融合した出色の演奏であり、またブックレットに掲載されたアイヴズに関する記述も実に貴重である。

今回は2001年に結成され、ジャズを含む広いジャンルをカヴア-4、クラシック系では現代の音楽を中心に活動してきたデュオROSCO、ヴァイオリンの甲斐史子とピアノの大須賀かおりの2人によるレコーディングである。これも磨れた演奏で、アイヴズのアイヴズたる所以が鋭く、生々しく伝わってくる。ともかく2人のチャレンジ精神と、ただならぬ力演に、大きな拍手をおくっておかなければなるまい。なお、パッケージにはアイヴズと作品を巡る20数ページの詳細を解説が付されていてこれはきわめで貴重だが、老眼にはひどく堪える小さな文字であるのが惜しい。

 

音楽現代 2020年2月号

推薦 アメリカ実験音楽の父:アイヴズの作品は、特に動燃(1874年)生まれのシューンベルクのそれ以上に先鋭的だ。無調、複調、複合リズム、クラスター、既成曲(主にアメリカ民謡)の引用。しかしながら、そうした先進的な要素が天真爛漫ともいえるアナーキーさの中で混淆し、不思議な抒情を醸し出す。4曲のヴァイオリン・ソナタは、1908年から15年にかけて作曲された。アイヴズ全盛期の名品。複雑さと簡明さが頻繁に交代し、現代の奏者からしても、その演奏は難しい。ROSCOは2001年の結成以来、日本の現代音楽演奏の最前線に立つ。本盤ではさらに作曲家夏田昌和のディレクションも得て演奏は充実。彼女らの飛躍と、アイヴズの再評価を約束するであろう一枚。☆石塚潤一